税理士の業務内容

税理士は税務のスペシャリスト。人が暮らしていくときに必ず必要になる税というものに関するあらゆることを、彼らは知っています。そして、税に関して何かをしなければならないとき、そのサポートを請け負うのです。

複雑化する中で

世の中が複雑化していく中、税に関して考えなければならないことも増えています。そんな中、税理士の仕事はあらためて注目されており、税務のサポートにとどまらないさまざまなコンサルティングなどを手がけるようになっています。

相続と税理士

遺産相続は、相続税という「税」と関わるものであるため、税理士との相談の上で進めていかなければならないものです。他にもやらなければならないことが多い時期ですから、しっかりサポートしてもらいましょう。

最近の税理士

近年、「税理士の働き方」に大きな変化が見られます。 新しい働き方として「企業内税理士」という労働スタイルが定着しつつあります。 「企業内税理士」とはその名の通り、企業内で雇用されている税理士です。 そもそも税理士は国が定める国家資格です。そして業務内容は。有資格者でないと行えない独占業務です。そのため従来の税理士の労働スタイルは「事務所勤務」か「独立開業」が主流でした。特に「公認会計士」、「司法書士」、「行政書士」、「税理士」などの「士業」は独立開業が王道でした。しかし士業は独立開業すれば必ず儲かるものではなく、営業力がなければたとえ有資格者でも生活が成り立ちません。 しかし「企業内税理士」という働き方では工夫次第で「安定した収入がある専門職」になれるというメリットがあります。

そもそもなぜ「企業内〜」という労働スタイルが広まったかというと、それは一般メーカーの体質によるものです。具体的に言うと一般メーカーは長らく税務関連の仕事をアウトソーシング(外注)していました。理由は社内に独占業務を行える有資格者がいなかったからです。この理由として挙げられるのが「創業者のパターン」です。 一般メーカーの創業者は基本的に次の2パターンです。それは「開発者」と「営業マン」の2つです。そのためこのどちらかに特化した企業は多いですが、経理財務に特化した一般メーカーはほとんど存在しません。しかしアウトソーシング(外注)では、コストが高くなり、トラブルなどの緊急時に社内の人間が対応するほど素早く動いてくれません。そのため「企業内税理士」という働き方の需要が高まってきています。